会社概要

社長挨拶

「未来に役立つものづくりを目指す!」

(株)双葉金属は、昭和に生まれ、激動の平成を経て、まもなく創業35年を迎えようとしています。
建築用化粧金物の製作からスタートし、その製品は、今でも県内の主要な建物の内外観に見ることができます。
その後、精密板金部品の製作に挑戦したのが、今から20年前。QCDの厳しいお客様から、「ものづくり」の原点を学びました。
努力の甲斐あって、現在、日本を代表するメーカーの半導体製造装置に、弊社の製品が数多く使用されています。

平成が終わり、来る時代は、激変しようとしています。
少子高齢化による「生産労働人口」の減少が、一層深刻化してきます。
また、日本国内での消費量も、人口減に伴い、ますます減少するでしょう。
ものづくりをする中小企業は、はたして生き残っていけるのでしょうか?

その対策として、今後AIの世界が広がり、ロボットや省力機械の導入、またスマホの進化や自動運転車の実用化など、
主役となる「半導体」が必要になる世界が、拡大していくはずです。

(株)双葉金属は、これからの時代をリードするお客様とともに、環境を守り、地域社会に貢献し、働く社員の幸福を具現化するために、
「未来に役立つ製品(もの)づくり」に、邁進していきます。

代表取締役
志田野 徹

志田野 徹


会社概要

商号株式会社 双葉金属
所在地本社 熊本市北区改寄町1004番地9(シグマ工業団地)
- 工場 - (同上)
第1工場 溶接組立専用棟
第2工場 精密板金加工全般
第3工場 精密板金加工一部
資本金3000万円
従業員総務 3名 営業 3名 設計 7名 工場 65名 合計 78名
業務内容
薄板(ステンレス・アルミ等)を主とする精密板金部品の製作
ステンレスパイプの(丸角)の加工部品
半導体・FPD各種製造装置を構成する部品の製造
包装・食品・通信・医療・設備関係の各種装置を構成する部品の製造
株式会社双葉金属外観


沿革

1986(昭和61)年 5月(有)双葉金属工業設立
建築用化粧金物の製作(手摺・内外装パネル等)
1993(平成5)年 4月本社をシグマ工業団地内に移転
1996(平成8)年 6月本社をシグマ工業団地内に移転
社長 大住直(初代)
1997(平成9)年 9月
東京エレクトロン 九州(株) 大津(FPD)事業部様と契約(精密板金加工スタート)
2001(平成13)年 12月ISO9001:2000 を認証取得(LRQA)
※現在は、ISO9001:2015へ更新済み。
2003(平成15)年 6月社長 志田野徹 就任(2代目)
2004(平成16)年 3月中小企業経営革新支援法の対象企業に認定される。
2006(平成18)年 9月東京エレクトロン 九州(株) FPD事業部様より「最優良企業」として表彰される。
2009(平成21)年 10月
東京エレクトロン 九州(株) 技術実践教育の受け入れ。(5名)
2009(平成21)年 12月第3工場 増設(稼働)
2010(平成22)年 8月東京エレクトロン 九州(株) 合志(CT)様の板金部品 生産開始。
2011(平成23)年 3月
東京エレクトロン 九州(株) 技術実践教育の受け入れ
2011(平成23)年 5月
東京エレクトロン 九州(株) FPD事業部様より「最優良企業」として表彰される。
2012(平成24)年 6月
東京エレクトロン 九州(株) FPD事業部様より「最優良企業」として表彰される。
2012(平成24)年 8月
ものづくり中小企業試作開発等支援補助金 採択される。
2012(平成24)年 8月
東京エレクトロン 九州(株) 技術実践教育の受け入れ
2013(平成25)年 6月
東京エレクトロン 九州(株) 開発部様新人研修の受け入れ(毎年度)
2013(平成25)年 10月
(株)荏原製作所様より「優良サプライヤー」として表彰される。
2014(平成26)年 8月
ものづくり中小企業試作開発等支援補助金 採択される。
2015(平成27)年 7月
(株)荏原製作所様より表彰される。
2016(平成28)年 7月
(株)荏原製作所様より表彰される。
2017(平成29)年 9月
当社として初めて外国人実習生(ベトナム人)の受け入れを実施
2018(平成30)年 9月
外国人実習生(ベトナム人)第2期生受け入れ
2018(平成30)年12月
熊本県の「よかボス企業」に認定される。


アクセス

九州自動車道の熊本・植木の両ICから30分位です。
(ただし、朝夕のラッシュ時は時間がかかる場合があります)
飛田バイパス)からロマネスクリゾート菊南(旧菊南温泉観光ホテル)方面に曲がり、
そのまま植木方面へ約5分直進で「シグマ工業団地」の看板が見えますので、
看板の案内に従ってください。